外壁塗装の塗料選びで押さえておきたいポイント

外壁塗装の塗料選びで押さえておきたいポイント

家に長く住み続けるためには、定期的にメンテナンスをしないといけません。
特に外壁や屋根は雨風にさらされて劣化するスピードが速くなってしまうので、10年から15年に1度くらいの頻度で外壁塗装を行う必要があります。
何もしないで放置してしまえば、家の寿命が短くなる可能性が高いです。
外壁塗装をする際に重視するべきポイントは多々ありますが、塗料選びはかなり重要です。
耐用年数の長さは必ずチェックしてください。
耐用年数が短いものだと、10年しないうちに塗装が必要になります。
耐用年数が長いものは、フッ素塗料と無機系塗料です。
フッ素塗料が15年から20年で、無機系塗料が15年くらいになるので安心です。
また、断熱や遮熱効果の高さで選ぶこともおすすめです。
断熱や遮熱効果が高いものを選んだ方が快適に生活できます。
費用の安さだけで決めてしまうと後悔することになるので注意が必要です。

外壁塗装の色選びで失敗しないためのポイント

外壁の色と言うとお家のまさに顔と言えるものです。
カラーが違うだけで印象が大きく変わることもあり、いざ外壁塗装をお願いしてみるとイメージと違ったと後悔する方も少なくありません。
外壁塗装の色選びで失敗しないポイントはあるのでしょうか。
外壁で人気の高いカラーは、白や黒などといったモノトーンが多いですが、白は想像できますが、黒も実は砂埃や苔、カビなどで汚れが目立ちやすいという欠点があります。
そのため、外壁の色を選ぶ時は汚れが目立ちにくいカラーを選ぶことで見た目をいつまでも美しく保つ事が出来るでしょう。
そこでお勧めの色がグレーです。
グレーだとどちらかというとシックだったりスタイリッシュなイメージが強く、ナチュラルで柔らかい印象を与えたい時はベージュがおすすめで、実際にベージュを採用されているお宅も多いです。
また、赤や青など個性的なカラーを選ぶ方もいるかもしれませんが、原色のカラーはどうしても経年劣化によって色あせが出やすいのでコンスタントに外壁塗装されない方にはあまりお勧めできません。
また、個性的なものは年齢と共に周りの景観などと合っていないことで目立ってしまい、後悔する方もいます。
できれば、無難で落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の基礎知識

当サイトは初めての外壁塗装を検討中の方必見の、押さえておきたい基礎知識を分かりやすく解説しています。これから建物の外壁を塗装しようと考えているのなら、塗装の成功のためにもぜひ知っておきたいところです。外壁を塗装する際の塗料選びで押さえておきたいポイントにも触れています。さらに悪徳な外壁の塗装業者に注意することも大切です。美しい仕上がりや長持ちする塗面のためにも、慎重に検討をして塗装を実施することをおすすめします。

Search