初めての外壁塗装を検討中の方必見!押さえておきたい基礎知識を分かりやすく解説!

当サイトは初めての外壁塗装を検討中の方必見の、押さえておきたい基礎知識を分かりやすく解説しています。
これから建物の外壁を塗装しようと考えているのなら、塗装の成功のためにもぜひ知っておきたいところです。
外壁を塗装する際の塗料選びで押さえておきたいポイントにも触れています。
さらに悪徳な外壁の塗装業者に注意することも大切です。
美しい仕上がりや長持ちする塗面のためにも、慎重に検討をして塗装を実施することをおすすめします。

初めての外壁塗装を検討中の方必見!押さえておきたい基礎知識を分かりやすく解説!

初めて外壁塗装を行う場合には分からないことも多いのではないでしょうか。
外壁塗装は施工会社に依頼しておこなうのが一般的です。
様々な業者が外壁塗装を手掛けていますが、選ぶ際には時期によって異なる価格やサービス内容を比較して選ぶことをおすすめします。
ベストシーズンの春や秋は施工費用が高めですが、良い仕上がりが期待できます。
また出来れば複数の業者に見積もり依頼して決めると安心です。
塗料により価格や耐用年数は異なるので、施工会社に相談して決めます。

外壁塗装に適したシーズンとは?季節ごとの特徴を押さえておこう!

一般的に外壁塗装工事は1年を通してできるものの、適したシーズンがあるのも事実です。
一般的には気温が一定以上で空気が乾燥している季節が望ましいと言われていますが、気温が5度以上、湿度が85%以下と言う条件をクリアしていれば、1年中いつでも可能です。
気候が安定した春や秋がベストシーズンと言えますが、夏や冬に塗装工事を行うことも可能です。
春の時期であれば気温や湿度ともに安定していますが、春雨前線により雨になることも考えられます。
梅雨の時期は長雨の可能性があり工期が延びることがありますが、業者の予約も取りやすく金額がリーズナブルになることがメリットです。
夏は晴れの日が多いものの、台風やゲリラ豪雨が通過する可能性もあります。
秋は気温や湿度ともに安定していますが、秋雨前線や台風により雨となることもあります。
冬は降雪地域以外は湿度が低いですが、凍結や降雪の可能性も考えられます。
春や秋が一番良いのではないかと思う人も多いですが、工事予定日に台風の影響を受けたり、天気予報の予想が外れ雨になることもあります。
100%安心して外壁塗装工事ができる季節はないと言うことです。

外壁塗装を行うべき築年数の目安は?

自宅を定期的にメンテナンスをする必要がありますが、外壁塗装などがその良い例かもしれません。
外壁塗装は定期的に行う必要があるものの、一体どれぐらいの頻度で行ったら良いのかわからない人は、塗装をする目安などを知っておくと良いでしょう。
新築の状態で外壁を塗装する場合にはその塗料の種類によっても異なるところです。
例えば塗料が高級なものならば15年から20年は全く塗装をしなくても問題ありません。
これに対して、塗料が安いものならば10年経過したあたりできれいにするのが良いといえます。
後は、その建物の外壁等を触って判断する必要があります。
外壁を触った時、手に白いチョーク状のものが付いているとすれば、その現象は防水部分が崩壊しているといえます。
よって塗装をするのが良いかもしれないです。
そうでなければ、10年から15年位の頻度で行えば十分といえます。
後は、年数が古いならば積極的に業者に相談してみるのも1つの方法です。

外壁塗装を行うべき劣化のサインを知っておこう!

外壁塗装はだいたい10年を目安に行うのが良いと言われていますが、見た目で劣化が分かるのであれば10年経っていなくとも塗装するのが望ましいです。
よく分かる劣化状態として、外壁のヒビがあります。
ヒビは細くて短いうちは初期症状ですが、雨や紫外線に晒されている外部なのでどんどん悪化していきます。
ヒビが長く伸びてきたり先が枝分かれしたりすると、雨水が建物内にどんどん入っていくので要注意です。
早急に外壁塗装をしてヒビを塞がなくてはなりません。
また、外壁の剥がれやめくれた状態もだいぶ状態が悪くなっている証拠です。
中には壁が盛り上がってしまっていることもあります。
塗料の防水効果もなくなっていますし、そのまま放置していると建物内は湿気がひどくなります。
そのほかに、窓枠部分などから雨漏りしているのも外壁塗装を行うべきサインです。
こうしたサインを見逃さず甘く見ず、早く手を打つことが建物を守るためには重要と言えます。

外壁塗装は必ず行わなければならない?不要なケースはある?

建物を手に入れる場合は、事前に必ず行わなければいけないリストを作っておくと良いです。
多くの場合住宅のメンテナンスになりますが、これを一覧表に出すことによりどれぐらいのお金がかかるのか、あるいはどのような修理が必要なのかわかるようになります。
外壁に関しては、外壁塗装を定期的に行うことが必要になります。
外壁塗装を行う場合は、15年に1度位の割合で行った方が良いといえます。
20年以上経過しても問題は無いこともありますが、会社側としてはなるべく15年以内に行ってくださいと言うでしょう。
よりきれいな住宅を維持するためには、確かに20年ないしは15年に1度の頻度で行った方が良いかもしれません。
これに対して、全く外壁塗装が不要なケースもあります。
どのような住宅かと言えば、鉄筋コンクリートなどがこれに該当します。
通常コンクリートには何の塗装もしていないことがほとんどであり、この場合は何年経過してもそのままの状態で構いません。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の基礎知識

当サイトは初めての外壁塗装を検討中の方必見の、押さえておきたい基礎知識を分かりやすく解説しています。これから建物の外壁を塗装しようと考えているのなら、塗装の成功のためにもぜひ知っておきたいところです。外壁を塗装する際の塗料選びで押さえておきたいポイントにも触れています。さらに悪徳な外壁の塗装業者に注意することも大切です。美しい仕上がりや長持ちする塗面のためにも、慎重に検討をして塗装を実施することをおすすめします。

Search